カリキュラム

学びのイメージ

自然科学から人文社会科学にまでわたり、地球環境に関連する広い科目群の中から、受講者の問題関心、バックグランド、将来の進路などに応じて自由に科目を選択し、自分のカリキュラム表や時間割を作成することができます。科目の受講者数は、40人程度から数人のものまでさまざまですが、どの授業においても、ベテラン教員による親身の指導をうけることができます。

カリキュラム表

カリキュラムは、必修科目、選択必修科目、選択科目からなっています。その他、修士論文の作成が必要です。修士論文の作成にあたっては、指導教員が2年間にわたり個別に指導します。なお、年度によっては開講されない科目もあります。

必修科目

  • 演習 I、II

講義科目

  • 環境法
  • 環境経済学
  • 環境政策論
  • 環境工学
  • 化学物質
  • 自然保護法
  • 環境行政法
  • 比較環境法
  • 環境訴訟
  • 国際環境法
  • エコロジー経済学
  • 環境行政論
  • 地球環境政策論
  • 循環型社会政策論
  • 環境金融論
  • EUの環境政策
  • 産業廃棄物処理
  • 環境社会学
  • 人口と環境
  • 途上国の開発と環境
  • 環境倫理
  • 環境研究のフロンティア
  • エネルギーと環境
  • 農業と環境
  • 海洋と環境
  • ライフサイクルアセスメント
  • 環境マネージメント
  • 環境会計
  • 環境歴史学
  • CSR経営論
  • ジェンダーと環境
  • 地球環境条約論
  • 環境教育
  • 環境研究のための統計学
  • ※年度によって多少の異同があります。