• 概要
  • プロフィール
  • 研究
  • 教育
  • 社会活動その他

鈴木研究室

鈴木 政史
教授

研究室:
〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1
上智大学
2号館1526号室
TEL:
03-3238-4342
E-mail:

研究

関心のある研究分野

  1. 1)環境およびエネルギーに関する企業戦略
  2. 2)クリーンエネルギーにおける技術移転及び革新
  3. 3)持続可能な消費と生産
  4. 4)経済政策手段の有効性
  5. 5)持続可能な開発のための環境及び社会的指標
  6. 6)アジアにおける持続可能な地域社会を確立するための戦略提携などの研究を行う。

研究課題

研究課題1:低炭素社会実現への技術開発と技術移転の在り方に関する研究

2015年12月に合意されたパリ合意において低炭素技術の技術開発と移転(普及)は大きな課題として取り上げられている。本研究は、風力、太陽光、バイオマス・バイオガス、エネルギー効率改善技術などクリーンエネルギー技術の開発と移転における障害を明らかにする。その上で、個別技術の開発と移転(普及)障害克服に向けた政策・制度案を抽出する。

研究課題2:日本企業と欧州企業の再生可能エネルギーの技術移転戦略の比較実証研究

本研究の目的は二つある。第一は日本企業と欧州企業を中心に再生可能エネルギーの技術移転戦略の比較実証研究を行いこれらの国の企業の間の類似点・相違点を明らかにすることである。第二は、比較実証研究で得られた結果をもとに、中期及び長期に向けて日本企業のとるべき戦略及びビジネスモデルを検討する。

研究課題3:生活者の豊かさ及び幸福度に関する開発指標・目標及びグリーン成長・経済に沿った指標・目標の提示

2015年9月に国連でミレニアム開発目標に代わる新たな持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)が採択された。本研究は生活者の豊かさ及び幸福度に関する開発指標・目標及びグリーン成長・経済に沿った指標・目標を研究対象とする。具体的には、SDGsやその他の指標・目標の中で、市民の優先度の高い指標・目標に関する国際比較調査(日本、米国、タイ、インドネシア)を実施し、市民の優先度の高い指標・目標を抽出する。