教員紹介

平尾 桂子

プロフィール

名古屋市生まれ。上智大学大学院国際関係論専攻博士前期課程修了(国際学修士)、米国ノートルダム大学社会学博士課程修了(社会学Ph.D.)。名古屋短期大学講師、ノートルダム大学客員研究員などを経て、1999年上智大学文学部助教授、2006年同教授。2009年度から地球環境学研究科教授。ミシガン大学客員研究員、ハーヴァード大学客員研究員など歴任。主な著書に、Women's Working Lives in East Asia. Stanford University Press. 2001(共著)、『女性の就業と子育て-母親たちの階層戦略-』勁草書房 2004年(共著)、Working and Mothering: Asian Women Negotiating Work Challenges and Family Commitment. Singapore University Press. 2007(共著)、Changing Families in Northeast Asia. Sophia University Press. 2012(共著)等。

1.研究紹介

専門は社会学。主に家族、教育、労働の接点を世代間関係の観点から分析する研究を積み重ねてきました。2009年に本研究科に移籍してからは、社会と環境のつなぐ結節点としての家族や地域社会の問題へと研究のスコープを広げています。実は、少子化問題は環境問題と構造がよく似ています。近年、環境に対する企業の社会的責任が問われていますが、次世代も公共財と捉えれば、その育成のために企業は何ができるのかという問いを立てることができます。発展途上国の開発問題やライフスタイルと環境、文化の多様性と生物多様性の関係性など様々な問題群が考えられます。また、2009年からは気候変動政策に関するメディア報道の15カ国の国際比較研究にも参加しており、環境研究という文脈で社会のサステナビリティー問題に取り組んでいます。

2.何を学んでほしいか

人間の知的活動の本質は、既存の問題に「いかに答えるか」ではなく、「いかにして『新たな問い』を見つけるか」にあると考えています。問題処理能力ではなく問題発見能力、これを身につけていただきたい。大学院はこの「新しい問い」を見つけるための訓練の場であり、そのための道具を使えるようになる修行の場です。この道具とは、理論と方法論、そして個々の研究関心を大きな物語の中でとらえる科学的想像力です。問題意識を研究課題に転化し、計画的・系統的に情報を収集し、理論・仮説のもとに分析し、その結果を修士論文にまとめるという、一連の知的活動を通じて、「新たな問い」を立てるスキルを学んでほしいと思います。

3.ゼミの紹介

人と自然環境の相互的な関係を社会学の立場から考察するのが大きなテーマです。その枠組みの中で、学生が選んだ研究課題に沿って、その研究をサポートする形で運営します。ゼミには3つの柱を立てました。一つは文献の輪読。これは修論研究に必要な基本的な文献を一緒に輪読するというもの。昨年の秋学期は社会関係資本(ソーシャル・キャピタル)とネットワーク理論に関する古典を取り上げました。二つ目の柱は、方法論。受講者が抱える問題意識をいかにして「研究」として形作っていくか、その学術的な作法を学びます。研究を導く「問い」の立て方、研究対象の選択とアクセス可能性の検証、データ収集とその分析過程で直面する問題とその対処方法などを、学生のニーズに沿って学習します。三つめの柱は、共同体としてのゼミ。各自の研究を進める上でその直面する問題点をその都度分かち合い、その対処方法を一緒に議論しながら、互いから学び合います。受講生がプレイヤー、教員はコーチ。そんな形でチームを作っています。