学生の声:どのような学生がいるのか?なぜ、応募したのか?

交流が成長させてくれる場

石垣 尊光

「人工林の荒廃を防ぎたい」。学部時代に行った間伐プロジェクトから見えた国内人工林の現状が、本研究科への進学を決めたきっかけでした。入学後は資源枯渇のみならず地球温暖化・公害等多岐に渡る環境問題を法学・経済学等様々な分野から考察することにより知識を得て、研究の礎としています。本研究科の最大の特色は「多様な人才」。ゼミの鷲田先生始め各分野のプロフェッショナルである教授方は距離が近く、また研究科生も社会人、留学生等経歴が様々で、ここにいる多くの人々との交流が私を成長させてくれると実感しています。

自ら行動することによって学ぶ

秋田 典子

学部時代は教養学部であったために、広く浅く主に国際関係について学びました。その中でも環境と政策について興味を持ち、より深く環境政策を学ぶためにこの研究科を受験しました。現在は、所属している柳下ゼミで自治体における廃棄物対策について研究を進めています。ゼミでは、教授やゼミ生の発表、文献講読やディスカッションなどを主に、毎回刺激や新しい発見があります。また、ゼミや講義以外でも学内での講演会やワークショップなど、自ら行動することによって多くのことを学べる機会が身近にあります。

みんな環境に優しい人になろう。自分の特長を発揮して環境に取り組む

林 英

中国の環境問題の解決のために、日本と中国の環境協力はもっとも重要なカギの一つに違いないと感じて、本研究科に進学することにしました。今までの9カ月、とても充実した日々を過ごし研究を進めることができました。特に、発展途上国からきた留学生にとって、自分の特徴を発揮して、ここでいろいろな分野の環境研究ができることは最大の魅力です。ここでの研究が、将来、自分の国を豊かで安全な国にして、人々が安心して生活できる環境にするという、やりがいのある人生につながると思っています。

地球規模の視野で取り組む、学びの場

畠山 祐季

地球環境学研究科1年の畠山です。廃家電のリサイクルに関わる法政策を専門に研究しています。元々は海外の大学院を志望していたのですが、大学院での研究計画を立てた際に、国内の大学院のほうが研究しやすい、と思うようになりました。しかしやっぱり英語で勉強・研究できる場をそう諦められなかったので、留学生数が多く英語でのカリキュラムが用意されている上智大学大学院地球環境学研究科を選びました。入って良かったことは、多種多様な国籍を持つ学生たちのおかげで、地球規模の視野を忘れずに学び続けられることです。専門の研究を突き詰めていくとついつい狭い領域でものごとを考えがちですが、環境問題へのアプローチは国・州・都市によって大きく変わります。環境への取り組みにおいて費用対効果をどう上げていけるか、グローバルな学生たちと今後も取り組み続けたいと思います。